• 豊胸手術の技術

    豊胸手術の技術

    大都市である東京都には多くの美容クリニックが存在し、その技術なども高水準なところが多いです。そのため、豊胸手術の種類も他の地域よりも豊富だと言えます。東京のクリニックで行われる豊胸手術には、いわゆる胸に入れることになるバッグの種類や手術の方法、それ以外にも脂肪注入やヒアルロン酸を入れるプチ豊胸などがあります。

  • 豊胸手術のイメージ

    豊胸手術のイメージ

    一般的な豊胸手術のイメージとしては、胸を切開した後にシリコンなどのバッグを入れることで、胸を大きくするというイメージがあるとされますが、ヒアルロン酸や脂肪注入の場合は切開する必要がないために、比較的気軽に行なえるのが特徴です。また、脂肪注入の場合は、自分の身体についたいらない脂肪を胸に注入するので、バストアップと共に痩身効果も望むことが出来ます。ヒアルロン酸の場合は、施術時間も少なく、身体に悪影響を与えることの少ないヒアルロン酸を注射することで、胸を大きくします。注意すべき点は、入れる量に限度があるということと、体内に吸収されてしまうので持続期間が約3年と短めな点です。それでも2カップ程のバストアップは望めるので、よほど大きくしたいという場合以外には十分な効果をもたらしてくれるでしょう。

  • 豊胸手術バッグの種類

    豊胸手術バッグの種類

    前述したように、豊胸手術の際にはバッグを入れることになりますが、そこで取り扱われているバッグの種類には、シリコンバッグや、シリコンジェル、生理食塩水、CMC、コヒーシブシリコンなどがあります。どんなタイプのものが良いかは本人が決めても良い場合が多く、説明や情報を得ておくことが必要となります。豊胸手術の種類や方法には、それぞれメリットデメリットがあります。また、東京都内であっても、美容クリニックで行われる施術はすべてが同じというわけではありません。医師の技術や対応に関しては、きちんと情報を得たり、自分で比較や検討を行ない、しっかりと判断することが東京都で豊胸手術をする場合には重要な事となるでしょう。